menu close

配送・送料について

ヤマト運輸

<送料について>

北海道・沖縄・・・1,000円
本州・四国・・・・980円
九州・・・・・・・900円

*「鳥取県境港の素材の旨味を限りなく引き出したこだわりの無添加極上干物セット」は、全国一律送料810円になります。

*クール便でのお届けとなります。

*生ものですので、時間指定をお願いします。

*ご注文日の1週間以降からお届け希望日指定可能です。

*お届け希望日が無い場合は、ご注文(前払いの場合は入金確認)から4、5日で発送予定です。

*商品の発送は国内のみとさせていただきます。

*一部離島への送料は別途頂戴することがございますので予めご了承ください。

*営業日は、土日祝日を除く、月〜金曜日です。

*「銀行振込」のお客様は、入金確認後、商品を発送させていただきます。

*さらに到着を早く希望されるお客様は、47fishオンラインストアまで一度お問合せください。できる限り対応させていただきます。

*お届け時間の指定がある場合は以下の時間を、ご注文時にご指定できます。

 午前中
 12-14時
 14-16時
 16-18時
 18-20時
 20-21時 

支払い方法について

銀行振込|住信SBIネット銀行

お振込みを確認しだい商品を発送いたします。
商品代金+送料を加算した金額をご請求させていただきます。
お振り込み手数料はお客様のご負担でお願い致します。 
クレジット

 

特定商取引法に基づく表記

販売業者
47fish Inc.|ヨンナナフィッシュ株式会社 
運営統括責任者名
滝村雅晴 
郵便番号
106-0032 
住所
東京都港区六本木1-4-5アークヒルズサウスタワー306 株式会社レジェンド・パートナーズ内 
商品代金以外の料金の説明
消費税|送料|振込手数料 
申込有効期限
・ご注文商品が揃っている場合、一週間以内に発送いたします。
・品切れの際は再入荷日及び商品発送日を案内メールにて送らせていただきます。
・ご注文後5日間ご入金がない場合は、購入の意思がないものとし、注文を自動的にキャンセルとさせていただきます。
 
不良品
・生ものためお客様の都合による返品・交換はご遠慮ください。
・品質には十分な注意を行っておりますが、万一、商品の破損、不良等がございましたら、お客様のお手元に届いてから必ず2日以内に連絡ください。ご連絡の上、責任を持って対応させていただきます。 
販売数量
・商品の販売数を限定する場合がございます。各商品ページにて十分ご確認下さい。  
引渡し時期
・ご注文商品が揃っている場合、一週間以内に発送いたします。
・品切れの際は再入荷日及び商品発送日を案内メールにて送らせていただきます。 
お支払い方法
・クレジット決済(JCB,VISA,MASTER,AMEX,DINERSの各種カードがご使用いただけます)|銀行振込み(住信SBIネット銀行)

*商品代引き(宅急便コレクト)につきましては準備中です。
 
お支払い期限
・当方からの確認メール送信後7日以内となります。 
返品期限
・生ものためお客様の都合による返品・交換はご遠慮ください。
・品質には十分な注意を行っておりますが、万一、商品の破損、不良等がございましたら、お客様のお手元に届いてから必ず2日以内に連絡ください。ご連絡の上、責任を持って対応させていただきます。  
返品送料
・商品受け取り時に必ず商品の確認をお願いいたします。

・商品には万全を期しておりますが、万が一下記のような場合にはメール、もしくはお電話にてお問い合わせ下さい。
・即納品に関しては、申し込まれた商品と届いた商品が異なっていた場合。
・商品が汚れている、または破損している場合
 上記の理由による不良品は無料で交換いたします。

商品到着後7日以内に当社あてに連絡の後ご返送下さい。

至急指定の商品、もしくは良品とお取替えいたします。 
サービス名
47fishオンラインストア 
電話番号
03-6869-0827 
公開メールアドレス
shop@47fish.jp 
ホームページアドレス
http://www.47fish.jp/ 

モバイルショップ

ショップについて

47fishオンラインストア
滝村雅晴

―お知らせ―
生産者と消費者をつないで魚食推進を行う「47fish(ヨンナナフィッシュ)」のオンラインストアです。

今シーズンより、殻付き牡蠣を産直でお客様にお届けします。

安心・安全で、後世に伝え続けたい牡蠣を、水産品のプロたちが選びに選び、食卓にお届けします。

はじめは、佐賀県有明の牡蠣生産者 海男梅津さんの牡蠣をご紹介します。

どうぞよろしくお願いいたします。

47都道府県の海山川の幸を通して、魚を中心としたバランス食を家庭に伝えていきます。

日本は四方を海に囲まれた島国。その土地にあった食を大切にしたい。

こだわりたいのが「家庭内魚食」です。家庭での魚食低下は、子どもたちの魚離れ、魚嫌いにつながります。

次女が通う小学校で、ししゃもが出るとき、クラスの2/3ぐらいの生徒には人気がなかったとか。好きな食べ物が「うるめいわし」の娘は少数派に。

魚食が広がることで、ごはんや味噌汁、野菜が美味しく食べられます。もちろん肉も。何事もバランス。

そんな世の中づくりを、魚の伝道士や各業界のプロたちといっしょに、本気で取り組んでまいります。

魚食を通して子どもたちの笑顔も増やし、ひとりでも多くの家族がいっしょに魚を囲んでごはんを食べる世の中を作っていきます。